2016年10月20日

ノートパソコン DELL New Vostro 14 3000(3458) 購入。

hp1610p-08.jpg約6年使用したacer Aspire 5745G AS5745G-N54E/Lが起動不能になり、DELL New Vostro 14 3000(3458)を購入しました。
エイサー Aspire 5745GはCore i5-450M(2.40GHz)、メモリ 4GB、グラフィックス NVIDIA GeForce 310M(512MB専用ビデオメモリ)、HDD 640GB、BDドライブで7万程度でコストパフォーマンスが非常に良く気に入っていたのですが、約4年でHDDが逝ってしまい、約5年程でディスプレイと本体を接続しているケーブル不良で開閉すると画面がおかしくなり、とうとう起動不能になりました。
まだまだ使えたのに、やはり薄型ノートパソコンは熱の影響なのか、いろいろと不具合が出ますね。

hp1610p-07.jpg今回購入したのはデルのNew Vostro 14 3000(3458)
Core™ i3-5005U プロセッサー (3M キャッシュ, 2.00 GHz)
Windows 10 Home 64ビット 日本語
4GB シングル チャネル DDR3L 1600MHz (4GBx1)
14.0-インチ HD (1366 x 768) アンチグレア LED-バックライト ディスプレイ
500GB 5400 rpm ハードドライブ
となっています。

本日の最新ランキングはこちら。
hp1610p-09.jpgVostro 14 3000(3458)はビジネスモデルで8月のキャンペーン特価で約3万円とCore i3としては格安でした。
天板は+1,000円でレッドを選択しました。
14インチにしたのはテンキーがなく、通常のキーがセンター配置なのでキー入力がやりやすいことです。
以前に購入した家人のSONY VAIO Fit 14Eも14型で、これもキー配置重視で購入し満足しています。
ただ、SONYブランドなのでDELLより少し高いです。(;_;)

Vostro 14 3000(3458)はコストパフォーマンスが良く満足しているのですが、気に入らないところもあります。
まず、HDMIが付いていません、ビジネスモデルなら欲しいところです。
そしてUSBは3ヶでVAIO Fitには電源OFF時でもUSBに電源供給されている端子が1ヶあるので、スマホなどもPCを使用していないときでも充電できるので非常に便利で、それがVostroには付いていません。
重量もVAIO Fitと比較すると少し重たいです。

まとめとして、価格は少し高くてもVAIOブランドを考慮して満足感が高いのはやはりソニー製ですね。
DELLは安かったので、仕方がないと諦め感が強く満足感は少し足りません。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック