2016年11月23日

中華製スマートフォン Xiaomi Mi5s 購入!

hp161127-04.jpg現状、最もコストパフォーマンスが良いとうたわれている中華製スマートフォン Xiaomi Mi5s を購入しました。

これまではSony XPERIA Z Ultraを約1半以上使用していましたが、仕事が変わりスマホを使用する機会が増えたので、Z Ultraでは大きく重たいのでポケットに入れての携帯はほぼ不可能で、更に通話用にauのガラケーを2台持ちで使用しているのでこれを1台でできるスマホを探すとXiaomi Mi5sになりました。

auガラケーの電波は特殊で通常のスマホはほとんどダメで、唯一Xiaomiができ更にDSDS(デュアルスタンバイ)対応で、通信用と通話用のsimの同時待ち受けができるので、必然的にXiaomi Mi5sになりました。
Xiaomi Mi5sは通常、日本で販売していないので海外からの購入となります。
Amazonでも売っていますが、高価なので私は海外サイトのGearBestから購入しました。
海外からの購入となると全て英語で不安もありましたが、日本の方が購入方法などを紹介しているのでスムーズに購入できました。

本日の最新ランキングはこちら。

hp161127-03.jpgGearBestは海外(恐らく中国)なので、すぐに商品は届きませんが約2週間ほどで届きました。
有料の発送方法を選択すればもっと早く来るようです。
海外購入はちょっと不安ですが、iPhone7並みの性能とDSDS(デュアルスタンバイ)対応で現状3万円台で購入できるのは非常にお得ですね。\(^o^)/

Xiaomi Mi5sのデメリットは、どうもXiaomiは日本嫌いのようでロケールに日本が無いのでスマホをそのまま使用する方にはおすすめできません。(;_;)
スマホを色々といじりたい方にはうってつけですね。
私が購入したXiaomi Mi5sはグローバルバージョンでショップROMが搭載されているモデルなので、文字表示は一部日本語にできます。
そして、デフォルトでGoogle Playが入っていたので、日本語入力ソフトも問題なくできました。
チャイナバージョンは日本語表示がなく、Google Playも入っていないのでお気を付けを。
しかし、Xiaomi Mi5sのチャイナバージョンは更に安く、3万円以下でも購入できるようです。(^_^;)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444370020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック