2017年02月02日

Xiaomi Mi5s デュアルSIMの挙動について。

現在、MVNOとauガラケーsimで「4G/3G通信+3G待受」になっていますが、通信が4Gの場合は問題ないのですが山間部などで3G通信になった時、何らかのタイミングでスマホ本体が再起動してしまいます。
しかも、一度ではなく再起動を繰り返すようになり、この状態になるとデータ通信を切らないとまともに使用することができなくなり、しかもバッテリーも異常に消費します。

何度か検証した結果、Xiaomi Mi5sはDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)ですが、「3G通信+3G待受」の状態では挙動がおかしくなるようです。
通常時は都市部で「4G通信+3G待受」なので、再起動など挙動が不安定になることもなく正常に使用できます。
結果、山間部などで挙動がおかしくなる場合はデータ通信をOFFにする必要があるようです。

本日の最新ランキングはこちら。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446664514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック