2018年06月12日

【改良版】victure 4K アクションカメラ AC800を購入しました。

AC800.jpgアクションカメラの利用目的はアルトバン(5MT)のマニュアル操作の動画を撮るため、victure 4K アクションカメラ AC800を購入しました。
ユーチューブなどに車のマニュアル操作の動画が上がっているのですが、さすがにマイナーなアルトバンの動画は少ないのでアップするためです。
まぁ、自分自身がどのような動作をしているのかを確認する目的もあります。
ドライブレコーダーでも動画は撮れるのですが、ドライブレコーダーは主に車外を常時撮影するもので画角も同じです。
それに対してアクションカメラはバッテリー駆動でどこにでも設置できるので車内動画撮影に向いています。

以前はデジカメで動画を撮っていたのですが、本体が重くサイドウインドウに吸盤で付いているブラケットが外れてしまいます。
更にフルHD(1920x1080)までで録画時間が15分程度、更にバッテリーもすぐに無くなってしまいます。
最近は4Kテレビが増え、ユーチューブ動画も4K(3840×2160)になってきたので、アクションカメラを購入しました。

本日の最新ランキングはこちら。
アクションカメラ AC800は4K撮影ができるのはもちろんのこと、さまざまなブラケットが付属していて、いろいろな場面に対応できます。
バッテリーも2ヶ付属しているので長時間撮影にも便利です。
まぁ、中華製なので、この価格帯での基本性能はほぼ同じでしょう。

●30m防水……水中ハウジングに入れれば、水深30mまで使用可能。
●広角170°レンズ……かなり広い範囲を撮影できる、画角170°のレンズ。
●手ぶれ補正機能……動きながらの撮影で発生しがちな“ぶれ”を補正し、キ レイに撮影できる。
●ドライブレコーダー機能……映像データを数分単位で分割し、古いデータ を順に削除しなが新しい映像を記録する「ループ撮影」ができる。
●タイムラプス撮影(微速度撮影)……0.5秒、1秒、5秒など設定した時間 で画像を記録する。

それから、microSDカードは付属していないので別途用意する必要があります。
このアクションカメラ用に64GBを購入したのですが、最近はmicroSDカードの価格がなかなか下がりませんね。
アクションカメラの本体価格を考えると、microSDカードは結構な価格です。(:_;)

[レビュー]
実際に使用してみて、昼間はなかなかの映りでしたが、やはり夜間は安物4Kには無理があります。
と言っても、見れないほどではないので、価格相当でしょう。
撮影時間はバッテリー1ヶで約1時間ほどでしょうか、2ヶ付いているので十分ですね。
しかし、長時間録画すると本体が異常に発熱します。
夏が心配だと思っていたのですが、その関係か液晶画面の右側の方に縦線が1本常時映るようになりました。
それから、4Kなので映像サイズが3840×2160と思っていましたが、AC800は2840×2160となっていて、他の方のレビューを見てもそんなことは記載していないので、どうやら不良品のようです。
液晶の件もあるので、返品期間の内に返品することにしました。
| Comment(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。