楽天モバイル 使用一ヶ月後のレビュー。

hm201212a-01.jpg
楽天モバイルを使用して一ヶ月後のレビューをしたいと思います。

私は大阪市内に住んでいて、私の住んでいる地域は楽天回線エリア内なので快適に利用出来ています。
hm201212a-02.jpg家は木造3階建てで、どの部屋でも圏外になりません。
それから、先日郊外へ日帰り旅行に行ったのですが、パートナー回線(au)でも快適に利用できました。

通話無料、データ通信無制限で、これが1年間無料でその後2,980円なら良いかと思いましたが、やはり落とし穴がありました。

hm201122a-02.jpg市内の繁華街へ買い物に出かけたところ、デパートの地下が圏外になり全く通信できません。
更に地下だけと思っていると上階の窓から奥まった部屋でも圏外になります。
これは楽天回線エリアが100%のところはパートナー回線(au)が無いために起こっています。
大阪市内は既にパートナー回線(au)を止めているので、auのプラチナバンドは使えません。
地下鉄は例外で、パートナー回線で繋がります。

そして、一番ダメなところは、私の職場が圏外になります。
職場は楽天回線エリアとパートナー回線の境界付近になっていて、詳細に見ると明らかに楽天回線エリアなのですが、電波が非常に弱くパートナー回線の方の電波を捉えます。

二つの電波がぶつかり合っているので、時々圏外となっているようで、楽天モバイルsimは電波が弱くても楽天回線の方を優先して接続しようとしています。

このエリアを改善するよう、楽天モバイルに何度も改善要求をしていますが、全く改善されません。
まぁ、50%ぐらいは繋がるので、無料期間は我慢しましょう、有料なら絶対許せませんが

それから、地下街やビルの奥まった場所などは、現状の楽天モバイルが使用している回線Band3[1.7GHz]では無理でしょう。
800MHz前後のプラチナバンドを用意しないと、地下街などは絶対に改善されないと思います。
昔、プラチナバンドを持っていなかったソフトバンクを思い出します。

上記が改善されたら、またレビューしたいと思います。

私の中では無料期間終了後は即解約で、楽天カードも、楽天でんきも解約するつもりです。
元々、私は楽天という会社が嫌いなので、今回は「楽天モバイル UN-LIMIT V」の1年間無料に釣られて楽天包囲網の一部になっただけです。
1年後は元のソフトバンク信者に戻ります。

P.S.
先日、NTTドコモが20GB/5分以内通話無料2980円(税別)の新プラン「ahamo」を発表し、それに対抗して日本通信が、16GB/70分無料通話で1980円(税別)というプランを発表しました。
これに続いて他社も発表があると思うので、通信品質の悪い「楽天モバイル UN-LIMIT V」は終わりました。

本日の最新ランキングはこちら。

この記事へのコメント