ふとん乾燥機 アイリスオーヤマ KFK-401 レビュー!

hm210123-04.jpgアイリスオーヤマのふとん乾燥機 カラリエ ハイパワーツインノズル KFK-401を購入し、約一週間ほど使用したのでレビューします。

まず、毎日就寝前にクイーンサイズの布団を温めるのですが、「あたため」モードで更に「ターボモード」を使用し、5分間で布団は十分暖かくなります。
暖かさは、エアコンと電気毛布を使用した場合の比ではなく、布団全体が暖かくなり非常に気持ちよく眠れます。
hm210123-05.jpg
KFK-401は2020年10月発売の最新モデルなので、従来機種より出力アップ等いろいろと改良されており、その一つとしてホース先端のフラップがあります。
従来は上側のみ開きましたが、今回より左右も開くようになりツインノズルということで、より広範囲に布団を暖めることが出来るようになりました。
残念な点が一点あり、シングルノズルのKFK-301には電源コードホルダーが付いていて、電源コードを簡単に収納できるのですが、KFK-401には無く電源コードを本体に収納することが出来ません。
ツインノズルなので仕方が無いと言えばそれまでですが、何とか電源コードホルダーは付けて欲しかったですね。
hm210123-03.jpg
それから、布団乾燥袋を使用し「ダニ」モードを使いました。
冬場の布団は朝の結露などで湿気が多いので、一週間に一度ぐらいは利用したいですね。
布団乾燥袋にはクイーンサイズの羽毛布団一枚と毛布を入れ、約二時間弱で終了し、ホカホカの布団になりました。
布団乾燥袋に入れると布団全体が温風で満たされるので、裏返す必要もなく一回の使用で乾燥することが出来ます。

今のところ布団乾燥機使用時の欠点は準備が必要ということです。
エアコンや電気毛布は使用後もそのままの状態で出来ますが、布団乾燥機の場合ホースを伸ばしてセットし使用後はホースを縮めて収納する手間があります。
それから、Wi-Fiにも対応していないので、わざわざ寝室へ行きスイッチをONにする手間もあります。
タイマー予約もできるのですが、就寝時間が決まっていなければ役に立ちません。

【総評】
布団乾燥機を布団にセットして、スイッチをONにし終了後に収納するという手間がありますが、エアコン+電気毛布の暖かさよりも、布団乾燥機の暖かさの方が気持ちが良いのでこれからも活躍することでしょう。
電気代の方も、ターボモード(1000W)を5分使用しても、約2円なので気軽に使用できます。

本日の最新ランキングはこちら。

この記事へのコメント